進化を続けるWindowsのアクセシビリティー機能 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
拡大する(全1枚)
Microsoftは早期からアクセシビリティー(この場合は障がい者支援)機能に注力してきた。下図はWindows 95のデスクトップだが、このころは「ユーザー補助」として同機能を提供している。当時はまだ若かった筆者は利便性に気付かず、不要な機能と思っていた。だが齢(よわい)を重ねて五十路(いそじ)を迎えると、身体の各所が思うように動かなくなり、コロナ禍の運動不足も相まって日常生活に支障が出るようになってきた。ありがたいことに現時点でアクセシビリティー機能の大半は不要だが、拡大鏡はたまに使っている。

Windows 11では過去のアクセシビリティーツールに加えて字幕機能や音声認識など多角的な強化を図っており、Microsoftが現地時間2022年5月10日に公開した公式ブログにて、さらなる機能強化がアナウンスされた。

まずは通知機能。現行のWindows 11でもアプリケーション単位の通知設定や、一定条件下で通知を受け付けない集中モードを備えているが、そこに「応答不可」「フォーカス」が加わる。正確には既存の集中モードが「応答不可」に置き換わり、集中を妨げるアプリのバッジやタスクバーボタンの点滅などを抑制するというものだ。Microsoftは「ADHD(注意欠如・多動症)を抱える人々の集中体験を思い描いた」と本機能の実装した理由を述べている。下図はWindows 11 Insider Preview ビルド22616のデスクトップだが、フォーカスモードを有効にするとタスクバー右端の通知アイコンが変化し、セッション中に受け取った通知は表示されない。