月20万円の年金だけで暮らす老後、生活に余裕はある? 高齢者の平均家計から検証
拡大する(全1枚)
毎月20万円の年金受給は、平均的な会社員よりもやや多い水準です。年金20万円あればゆとりのある暮らしになりそうと思う人も多いのではないでしょうか。

今回は高齢の単身世帯に焦点を当て、家計支出などのデータを参考に毎月の家計を試算し、年金20万円で足りるのかどうかを解説します。

■月20万円の年金がもらえる人の現役時代の年収は?

まず、そもそも年金を月20万円受給できるのは、現役時代にどの程度の収入があった人なのかを考えてみましょう。

会社員は原則として65歳から、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2種類を受給できます。老齢基礎年金は、月額6万5,075円(令和3年度時点・未納や免除がゼロの場合)です。老齢厚生年金は、現役時代の収入金額と勤続年数を使って計算可能です。

結論として、月額で60万円近く、年収で700万円ほど(賞与を含めて)の方が、厚生年金を毎月20万円受給できる計算になります。

■月20万円の年金の手取りはいくら?

遺族年金や障害年金には税金がかかりませんが、老齢年金には税金がかかります。60歳以上の場合は108万円、65歳以上だと158万円以上の場合に課税されます。

月20万円・年間240万円の場合の手取り率は86.7%が目安で、手取り額は年間208万800円、毎月にすると約17万3,400円となります。
■1人暮らしの場合の家計支出はどうなる?

月20万円の年金は、手取りで約17万3,400円であることが分かりました。ここからは、その金額で生活が成り立つのかについて、家計支出から考えていきます。