キリンが100万本配布した「ミステリー缶」正体を発表! - 「キリン氷結 シチリア産レモン」リニューアル
拡大する(全1枚)
キリンビールは5月16日、リニューアルした「キリン氷結 シチリア産レモン」(各350ml缶、500ml缶)を発表した。キリンでは、これまで同商品について「完璧な新キリンチューハイ」として、4月26日より商品名は伏せたままでマーケティングを展開していた。都内で開催の発表会にはゲストとして俳優の高橋一生さんも登壇、新商品についてコメントしている。

○「ミステリー缶」正体が明らかに

発表会の冒頭、キリンビール マーケティング部の松村孝弘氏が登壇し、新製品の投入背景について説明した。自宅におけるRTD(Ready to Drink:そのまま飲める缶入り低アルコール飲料)の飲用機会が増加するなか、「爽快で気持ち良い美味しさ」を目指し、従来の「甘い」「人工的」「安っぽい」というイメージを打破する商品として同社が開発したのが「キリン氷結 シチリア産レモン」だった。

キリンでは、商品名を伏せた"ミステリー缶"などを全国で100万本配布する「100万本体験」を4月26日より実施。先行モニター477名を対象にしたアンケートでは97%から「完璧」との回答が得られた、と強調してきた。

美味しさの秘密は、新たに開発した『凍結レモン製法』にあるという。この製法では収穫したレモンを新鮮なまま凍結し、熱をかけずに低温で果実の美味しいエキス分を抽出配合。同製法により、果実のみずみずしくクリアな味わいが向上し、雑味のない、スッキリとした後味を実現している。