AI健康アプリ「カロママ プラス」がリニューアル、健康データのハブを目指す
拡大する(全1枚)
リンクアンドコミュニケーションは5月18日、食事・運動・睡眠をまとめて管理できるAI健康アプリ「カロママ プラス」のリニューアルを発表しました。新アプリでこれからできるようになることやスマートシティでの導入事例など、メディア向け発表会で語られた未来像をお伝えします。

食事・運動・睡眠をまとめて管理できる、親しみやすいAI健康アプリ

カロママ プラスは、食事・運動・睡眠など日々の生活を記録し、AIコーチによるアドバイスを受けながら、自身の生活を見つめ直して改善につなげられるアプリです。

同種のアプリはいくつかありますが、カロママ プラスの長所は、まずSNSのようなタイムライン形式を採用した親しみやすいUIです。空欄を地道に埋めていくような無機質なものではなく、AIコーチとチャットで会話するような形で報告し、2億通り以上のアドバイスが返ってきます。

そして、食事の記録がとても簡単なことも特長です。以下の写真は、実際にカロママ プラスを使ってお弁当をスキャンしてみた様子。主菜、副菜、白米と細かく認識されています。一般的な健康アプリなら、メニューを検索したりバーコードをスキャンしたりとどうしても食事前に手間がかかってしまう部分ですが、これなら写真を撮るだけなので簡単ですね。

ちなみに、誰かと一緒に食事する場合などその場で記録作業をしにくい状況であれば、通常のカメラアプリで写真だけ撮っておいて、後からカロママ プラスに読み込ませることもできます。