ソニー「LinkBuds S」6月3日発売。NC付きの“常時装着”完全ワイヤレス
拡大する(全1枚)
ソニーは、ノイズキャンセリング機能を搭載した“常時装着スタイル”の完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」(WF-LS900N)を6月3日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は26,000円前後を見込む。カラーはホワイト、ブラック、エクリュの3色。

また、既存の穴あきイヤホン「LinkBuds」(WF-L900、実売23,000円)を含む、LinkBudsシリーズ向けの新たなスマートフォンアプリ「Auto Play」を用意。接続したスマホを操作しなくてもユーザーの挙動に合わせてシームレスに音楽を再生したり、各種アプリの通知を音声で読み上げたりできるようにする。LinkBuds Sの発売に合わせてAndroid版の同アプリをリリースし、6月上旬にiOS版を公開予定だ。

LinkBudsシリーズは「オンライン、オフライン(リアル)を問わず、あらゆる人やコンテンツに常にLink(つながる)するためのイヤホン」をコンセプトに開発。小型軽量で装着性を高めつつ、自然な外音取り込みも可能にする“常時装着スタイル”を提案する。

シリーズ独自のセンシング技術を利用した新しい音体験として、「Auto Play」アプリによるシームレスな音楽再生と音声通知や、Sound AR(音のAR)コンテンツを楽しめる「Locatone」アプリとの親和性も高めている。

LinkBuds Sは、「LinkBudsにノイズキャンセリング(NC)機能が欲しい」、「この装着感でLDACコーデック対応の高音質モデルがほしい」といった、既存のLinkBudsへのユーザーの声を元に、シリーズの新しい選択肢として投入。