軽くなったバルミューダの掃除機「BALMUDA The Cleaner Lite」、使い心地は?
拡大する(全1枚)
バルミューダが2020年11月に発売したコードレス掃除機の「BALMUDA The Cleaner」、それから2年半の時を経て、新モデル「BALMUDA The Cleaner Lite」が登場しました。5月18日、東京・南青山のBALMUDA The Storeで開催された記者発表会で、新モデルをチェックしてきました。

初代のBALMUDA The Cleanerは、バルミューダが初めてリリースしたユニークな発想のスティック掃除機。「ホバーテクノロジー」と呼ぶ独自の技術を採用し、浮いているような軽いかけ心地と、360°自在に動くヘッドによる快適なかけ心地を実現しています。

続く第2弾となる今回の新製品は、BALMUDA The Cleaner Liteというその名が示すとおり、軽量化が最大のポイントです。従来モデル同様に、ホバー式クリーナーの快適・自在な操作性を継承しつつも、重量が約3.1kgから約2.2kgに軽くなっています。

バルミューダのプロダクトマーケティング部 原賀健史氏は、「BALMUDA The Cleanerは、より良い掃除の体験を届けたいという想いで開発しました。一定の消費者からは支持されたものの、掃除の体験価値というのはさまざま。1人にとってのすばらしいが、イコールみんなのすばらしいではありませんでした」と話します。

BALMUDA The Cleanerが予想より販売数が伸びなかった要因としては、「重量」を挙げました。「バルミューダのクリーナーならではの体験価値を届けるために、多くの消費者にまずは手にしていただけるよう軽量化に取り組みました」(原賀氏)と、新モデル開発の方向性に触れます。