iPhoneがクリスタの片手入力デバイスに、「コンパニオンモード」全プラットフォーム対応
拡大する(全1枚)
セルシスは、イラスト・マンガ・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」(以下、クリスタ)において、スマートフォンをタブレット/PCの片手入力デバイスとして使える機能「コンパニオンモード」が、全プラットフォームで利用可能になると発表した。5月26日に公開予定のアップデータ「Ver.1.12.0」より実装される。

コンパニオンモードは、スマートフォンを片手入力デバイスのように設定して、PC/タブレットで描画する機能。これまではGalaxyスマートフォンとGalaxy TabあるいはWindows PCを組み合わせると使える機能として提供していた。

今回のアップデートにより、クリスタが対応しているすべてのプラットフォーム(Windows/macOS/iPadiPhone/Galaxy/Android/Chromebook)において、コンパニオンモードに対応。

片手入力デバイスとなる「スマートフォン」と、メイン機となる「スマートフォン以外のデバイス」の組み合わせであれば、異なるOSのデバイス間でも連携可能。例えば「Windows PCとiPhone」、「iPadとAndroid スマートフォン」など、さまざまな組み合わせで使えるという。

コンパニオンモードのスマートフォン側には、よく使う機能を登録する「クイックアクセス」や、色選択を行う「カラーホイール」を設定可能。

また、コンパニオンモードの新機能として「色混ぜ」を全プラットフォームで追加。本物の絵の具のパレットのように、混色を試しながら直感的に色を作って選択する。