LG新テレビ続々登場。“史上最高画質”追求、有機EL最小の42V型も
拡大する(全1枚)
LGエレクトロニクス・ジャパンは、薄型テレビの2022年モデルを5月下旬から順次発売する。4K有機ELの4シリーズ12機種、4K液晶の3シリーズ11機種を用意し、価格はすべてオープンプライス。有機EL最小の42V型「42C2PJA」は5月下旬発売予定で、店頭予想価格は24万円前後。

2022年モデルの大きなトピックとしては、有機ELテレビに“LG史上最高画質”をうたう「OLED evo Gallery Edition」パネルを搭載した最上位機を投入。有機ELで最小サイズとなる42V型モデルを追加するなど、サイズやデザインのバリエーションも増やした。また液晶テレビでは、量子ドットナノセルカラーテクノロジーを採用した「QNED」シリーズのラインナップを比較的手ごろな価格帯まで拡充している。

有機ELと液晶共に、独自のリアルタイムAIプロセッサーを採用した映像エンジンを第5世代に進化させて性能強化を図り、独自プラットフォーム「webOS 2022」に個人アカウント機能を追加したことなども注目ポイントといえる。

最上位有機ELは“LG史上最高画質”。42V型や北欧デザイン機も

有機ELテレビ最上位シリーズとなる「G2」は、“LG史上最高画質”を追求。2021年に市場投入したOLED evoパネルをグレードアップし、色の再現性と明るさを強化した「OLED evo Gallery Edition」を新たに搭載している。