国内スタートアップ向けの独立系デットファンド「スタートアップ・デットファンド」
拡大する(全1枚)
マネーフォワードシンカ、WARCなどが出資するSDFキャピタルは5月24日、スタートアップ向けデットファンド(借入の形で融資を実行するファンド)である「スタートアップ・デットファンド1号投資事業有限責任組合」を設立し、5月20日に1stクロージングしたと明らかにした。同日、都内で記者説明会を開催した。なお、同ファンドはスタートアップのみを対象にした独立系のデットファンドという点において、日本初のファンドとなる。

スタートアップのニーズに応えるファンド

同ファンドは、SDFキャピタル 代表の福田拓実氏が直近数年間、独立系プライベートデットファンドの中で多数のスタートアップへのデットファイナンスを実行するにあたり得た知見と経験を活かして、エクイティ(株式を発行して資金を調達すること)投資と銀行融資の間を埋める資金調達手段を提供し、国内スタートアップの成長・発展に貢献していくという。

また、スタートアップのみを対象にした独立系のデットファンドという点において、日本初のファンド。「スタートアップの資金調達に多様な選択肢を」をミッションに、既存のスタートアップエコシステム機能ではリーチできなかった資金調達需要に対応しスタートアップの成長や発展に貢献していく。

福田氏は2014年から7年間、日本のデットファンド企業に勤めていた。同氏は国内スタートアップ専門のデットファンドに行き着いた経緯について「日本のスタートアップからエクイティ(株式)ではなく、デット(借入)をしたいという要望が多くあった。これは株式の希薄化を防ぎたいほか、次の増資までの資金繰りのつなぎ、成長のために先行投資したいというニーズなどで、ベンチャーキャピタル中心の株式調達や金融機関の借入だけでは対応できなニーズが多数あることを把握した」と説明。