Apple、WWDC22のプログラム公開、基調講演は6月7日午前2時に配信開始
拡大する(全1枚)
Appleは5月24日(米国時間)、開発者カンファレンス「WWDC(Worldwide Developers Conference)22」(6月6日~10日)のプログラムを公開した。

WWDC22は6月6日午前10時(日本時間6月7日午前2時)に基調講演からスタートする。apple.com/jp、Apple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeなどを通じて配信され、誰でも視聴できる(終了後にオンデマンドで視聴できるように公開する)。

例年通りなら、基調講演はAppleのプラットフォーム (iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS)の次期メジャーバージョンを発表する場になる。プログラム公開と共に更新されたWWDC22の公式サイトのイラストにはミー文字風の横顔が並んでおり、真ん中のキャラクターがメガネをかけている。そのことから、rOS(またはRealityOS)と呼ばれて噂されるAR/VR向けの新プラットフォームが「発表されるのでないか」と一部で指摘されている。ただし、Appleは昨年もWWDCのイラストにメガネをかけたキャラクターを使っており、同様の指摘は昨年もあった。WWDCの基調講演では次期プラットフォームの発表だけではなく、Apple Musicのようなサービス、Mac ProやMacBook Proのようなプロフェッショナル向けのハードウェア製品を発表することもある。同社は3月のスペシャルイベントで、MacのApple Silicon移行の最後のステップとして新型「Mac Pro」に言及している。