TCL、約7万円からのGoogle TV搭載4Kテレビ。ミニLED×量子ドット機も
拡大する(全1枚)
TCLジャパンエレクトロニクスは、4Kテレビの2022年モデル 4シリーズ14機種を5月27日から順次発売する。価格はオープンプライス。ラインナップと店頭予想価格は、ミニLEDと量子ドット技術「QLED」を採用した「C835」シリーズの65V型が25万円前後など。

Google TVを全機種で採用。「Algoエンジン」と名付けた映像エンジンを搭載しており、画質解析のアルゴリズムを取り入れ、放送とネット配信映像を適切に解析して映像処理を施すという。

パネルや映像エンジンの一部仕様が異なる4シリーズを用意し、上位機種のC835はミニLEDと量子ドット、C735とC635シリーズは量子ドットによって広色域と高色純度を追求している。

ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。C835シリーズのみ6月10日発売で、それ以外の3シリーズは5月27日に発売する。
■C835シリーズ(ミニLED+量子ドット)

65V型「65C835」:25万円前後
55V型「55C835」:20万円前後

■C735シリーズ(量子ドット)

75V型「75C735」:20万円前後
65V型「65C735」:14万円前後
55V型「55C735」:12万円前後

C635シリーズ(量子ドット)


65V型「65C635」:12万円前後
55V型「55C635」:10万円前後
50V型「50C635」:9万円前後
43V型「43C635」:8万円前後

■P735シリーズ