純烈、小田井ラストイヤーと今後への思い “第2の純烈”構想も明かす
拡大する(全1枚)
●小田井、紅白初出場が決定した頃に卒業を決意
心地よいムード歌謡や気さくな人柄で幅広い世代に愛され、4年連続で『紅白歌合戦』に出場しているスーパー銭湯アイドル・純烈。4月1日にメンバーの小田井涼平が年内で卒業することを発表し、リーダー酒井一圭はその後、小田井卒業後に新メンバーを加えて活動する意向を表明した。今後の展開に注目が集まっている純烈を直撃し、小田井ラストイヤーへの思い、そして、小田井卒業後の純烈をどのように思い描いているのか話を聞いた。

酒井はこれまでに、新メンバーについて「増やすのは1人か2人」「オーディションではなく酒井フィルターを通して探す」「夏までには結論を出したい」などと話し、タレントのJOYやものまねタレントのニッチローらが名乗りを上げて話題に。今月9日にはグループのYouTubeチャンネルを更新し、新メンバーの基準について「愛される人柄」「素朴な人」などと語っていた。

――小田井さん卒業発表はファンに衝撃を与えましたが、メンバーの皆さんかなり前から聞いていたということで、もう落ち着いた気持ちでしょうか?

酒井一圭:全然衝撃は。だいぶ前からわかっていることですから。

小田井涼平:事務所の社長に話したのは2018年の1回目の紅白出場決定あたり。そのときに50歳くらいで辞めたいって話をしているので。僕の中では、紅白は1回出られたら自分の夢も果たせたことになるからそれでいいと思っていて。でも運よく2、3、4回と続き、期せずして何回も出られたみたいな気持ちがありました。ほとんど歌ってないので、本気で目指して頑張っている人には申し訳ない気持ちでいっぱいですけど、グループだったらこういう出方もあるということですよね。1回目、僕、「シュワシュワ」だけで出たんですよ。