Slackはチャットツールではなく仕事の拠点 ‐ SALESFORCE LIVE
拡大する(全1枚)
セールスフォース・ジャパンは5月25日・26日の2日間にわたって、バーチャルカンファレンス「SALESFORCE LIVE: Japan Sales Change Makers データが導く営業の未来-成長し続ける企業・組織の極意-」を開催している。

25日の講演「営業部門の成果を最大化する Slack 活用」においては、セールスフォース・ジャパンのプロダクトマーケティングディレクターである伊藤哲志氏と同社のエンタープライズ本部の本部長である熊谷喜直氏が登壇し「営業部門における売上を拡大するためのSlackの活用方法」について語った。本稿では、この講演の模様をお届けしよう。

チャンネルは「透明な会議室」- Slackを使ったデジタルHQとは?

Slackとは、それぞれのユーザーが必要とする情報をつなげる、ビジネス用のチャットアプリだ。社内のコミュニケーション活性化のためにフリーアドレスを採用している企業が増えたり、コロナ禍で働き方がデジタル化した企業が増えたりしたことで、注目を集めることになったビジネスチャットツールだ。

Slackは、モニタスが会社員2,836名を対象に行った「利用実態調査ビジネスチャットツール編」でも、従業員規模にかかわらず導入数が増えていることが言及されており、注目が集まっている。

セールスフォース・ジャパンは、独自の調査によって、従業員のニーズにぴったり合う職場を作るためには「組織の壁を壊してサイロ化を解消する」「時間や場所に柔軟性をもたせる」「ツールやアプリと連携し仕事を自動化する」という3点が必要だとわかったという。そのために、Slackが必要不可欠な存在であり、「デジタルHQ」として大きな役割を果たしているとのことだ。