劇団EXILE・小野塚勇人、今は「ミュージカルモード」 LDHの挑戦も感じる
拡大する(全1枚)
韓国で生まれた大ヒットミュージカル『シデレウス』が、日本人キャストによりLDH主催で上演される(自由劇場 6月17日~6月30日)。全15曲に及ぶナンバーを3人で届けていく同作は、時代の壁に遮られ言えなかった真実を命をかけて研究した2人の学者、ガリレオとケプラー、そしてガリレオの娘・マリアの姿を描き、オリオン公演(石井一彰/小野塚勇人/石川由依)、ペガスス公演(鮎川太陽/神永圭佑/七木奏音)、ペルセウス公演(井澤勇貴/吉田広大/礒部花凜)、カシオペア公演(財木琢磨/少年T/富田麻帆)のクワトロキャスト編成となる。

今回は、オリオン公演で若きドイツの数学者・ケプラーを演じる小野塚勇人(劇団EXILE)にインタビュー。最近は自ら「ミュージカルをやりたい」と周りにも言っているという小野塚に、ミュージカルにかける思いなどについて話を聞いた。

○■「ぜひ挑戦したい」と公言

――小野塚さんは「ミュージカルをやりたい」とオーディションなども受けられているそうですね。

2021年にMusical『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』という作品に出演して、難しさと同時に楽しさ、達成感を得て「いろんなジャンルのミュージカルに挑戦させていただきたいな」と思い始めました。周囲のスタッフ、マネージャー陣にも「自分に出来る作品があるのであればぜひ挑戦したい」と言っていました。

――Twitterでは「小野塚ミュージカル勇人です」と自称されていましたが、8~9月にはミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』出演も決まって。