古田新太、自称“チンピラ俳優”が「褒められたよ!」日本映画批評家大賞受賞者そろう
拡大する(全1枚)
「第31回日本映画批評家大賞」授賞式が30日に都内で行われ、受賞者が登場した。MCは笠井信輔アナウンサー政井マヤアナウンサーが務めた。

主演男優賞の古田新太は「私のようなアングラ出身のチンピラ俳優がこんなところに呼ばれて、非常に緊張しています。 撮影中、????田恵輔監督とずっと2人で酒を飲みながら『褒められたいね』『褒められたいね』と。監督、褒められたよ!」と喜び、会場を笑わせる。また「毎晩のように飲んでたんですけども、(松坂)桃李が1回も飲みに行ってくれなかった。本気で嫌われてるのかなと思いました」とぼやきつつ、役作りに入っていた松坂について「ちゃんとしてるんですよ、あいつ 」と褒めていた。

助演男優賞の鈴木亮平は、「2作品で評価していただいたわけですけど、今思うと同じ助演という立場でもだいぶ違った立場だったなと思います。一方は主役を引き立て土台で新撰組を支えるという役で、もう一方は主役を食いちぎらなければいけないという使命を負った悪役で、この2つを評価していただいて、助演男優賞をいただけたたということがとても嬉しく思います」と心境を明かす。「世の中の皆様に思っていただけてるほどいい人間じゃないので、もっといろんな悪い面を見せていきたいと思います」と新たな野望も見せた。

助演女優賞の三浦透子は、世界中の賞を席巻した『ドライブ・マイ・カー』について「運転の練習をしてくださいということと、脚本を信じてくださいということ、2つだけを心に留めて前に進んだ先に、今日のような素晴らしい場所に立てているのは、恵まれているなと改めて実感しています」と喜びをあらわに。同作のために運転免許も取ったというが、実は「あまり乗っていません」と告白し、会場の笑いを誘った。