松本まりか、眼帯+黒浴衣で登場! “お岩さん”のままトーク「どっちでいけばいいのか…」
拡大する(全1枚)
『映画 妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』(6月17日公開)の完成披露試写会が7日に都内で行われ、小芝風花、松本まりか、毎熊克哉、豊田裕大、池谷のぶえ大倉孝二、望月歩、豊島圭介監督が登場した。

同作は、気弱で空気を読むことだけが取り柄だった女性・目黒澪(小芝)が、どん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、助けられながら成敗し、成長していく姿を描いたホラーコメディ。

キャスト陣は"闇落ち"した妖怪をイメージした黒の浴衣で登場。まさかの映画化に「次はハリウッドか」と盛り上がっているそうで、お岩さん役の松本が「もう今、アカデミー賞を歩いている姿を毎日想像しながら。今日はワールドプレミアということで、全世界のみなさんに初めてお目にかかる本当に特別な日で……」と話し始めると、監督から「時空がゆがんでます」とツッコミを受ける。

さらに松本は「私の生まれたのは江戸時代というスクリーンのなかった時代で、本当に数百年、満を辞して今日銀幕デビューということで……」とお岩さんのまましゃべっており、大倉からも「何言ってんの!?」とツッコミが。小芝が「眼帯すると、もうこうなっちゃって」と幽霊の手を真似すると、松本も「どっちでいけばいいのかわからなくなってるんですけど」と苦笑していた。