ハイセンス、43V型で約7万円からの4Kチューナ搭載液晶テレビ「A6H」
拡大する(全1枚)
ハイセンスジャパンは、BS/CS4Kチューナーを搭載した4K液晶テレビのスタンダードシリーズ「A6H」を7月下旬から順次発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は43V型「43A6H」が70,000円前後など。

■A6Hシリーズの店頭予想価格

75V型「75A6H」:170,000円前後
65V型「65A6H」:120,000円前後
55V型「55A6H」:90,000円前後
50V型「50A6H」:80,000円前後
43V型「43A6H」:70,000円前後

いずれも4K/3,840×2,160ドットの広視野角なADS液晶パネルと直下型バックライトを搭載。(50V型のみVA液晶パネル)。さまざまなコンテンツやシーンに特化した映像処理を行う「NEOエンジンLite」を採用し、高画質機能として、ノイズを抑えながら通常のアップコンバートより自然でなめらかな4K映像を実現する「4K復元」や、ネット配信の映像やVODコンテンツを分析して、色温度や色濃度、輝度、ダイナミックガンマ補正などの映像処理を行う「AIネット映像高画質処理」を装備。「エリア別クリア復元」、「クリアノイズ処理」も備える。

サウンド面では、スピーカーの3次元マトリックス測定と、独自の音響解析理論に基づく音響最適補正技術「Eilex PRISM」を採用。また、番組とCMが切り変わるたびにボリュームを合わせなくて済む音量差に保つオートボリューム