2022年7月から値上げするものは? 電気・ガス代、小麦粉など一覧でチェック
拡大する(全1枚)
2022年になってから値上げラッシュが続いています。もうすでに値上げされているものもありますが、今後値上がりが決まっているものもたくさんあります。生活に必要なものが値上がりするのは辛いところもありますが、早めに知っておくことで対策ができることもあるでしょう。今回は7月に値上がりする商品やサービスを紹介します。

■2022年7月に値上がりする食品

7月は食品の中でも小麦粉や食用油の値上がりが目立ちます。特に小麦粉は今年2度目の値上げとなります。また、電力やガスなどのエネルギーコストの上昇も原因になっています。

主な値上がりする商品は以下の通りです。
<昭和産業>

天ぷら粉黄金など家庭用小麦粉が2~7%の値上げになります。

また、菜種油、大豆油などの汎用油が60円/kg以上、オリーブ油160円/㎏以上、こめ油90円/㎏以上、ひまわり油90円/㎏以上の値上げになります。
<ニップン>

家庭用小麦粉、家庭用ミックスが約3.5%~11%の値上げ、家庭用食品類が約3%~13%の値上げになります。
<J-オイルミルズ>

家庭用、業務用油脂製品、全商品が値上げの対象になります。具体的には以下の通りです。

・菜種油製品、大豆油製品、パーム油製品、コーン油製品 60円/kg以上
・オリーブオイル製品、ごま油製品 120円/Kg以上
・こめ油製品 90円/Kg以上
・アマニ油・えごま油製品 200円/Kg以上
・ひまわり油製品 400円/Kg以上