ルンバ新モデル「i2」が39,800円で登場! 性能向上でロボット掃除機デビューに最適な1台
拡大する(全1枚)
アイロボットジャパンは7月7日、ロボット掃除機「Roomba(ルンバ)」シリーズの新モデル「ルンバ i2」(以下、i2)を発売しました。エントリーモデルとして発表され、性能と価格のベストバランスを実現したというi2は、直販価格39,800円という価格に注目です。

新モデルのi2は、2018年10月に発売された「ルンバ e5」(以下、e5)の後継機。i2はe5と比較して、価格は据え置きのままで多くの性能を向上させており、アイロボット製ロボット掃除機のラインナップにおいて、性能のベースラインを一気に底上げする製品だとうたっています。
○ルンバの日本におけるこれまでのあゆみ

2002年に初めて日本で発売されたルンバは、2016年に出荷台数200万台を達成。その後2年間で100万台を追加、2018年9月には累計300万台を突破し、日本の家庭におけるロボット掃除機の世帯普及率は4.5%まで上昇しました。

そして、さらなる世帯普及率の向上を狙い、低価格帯のエントリーモデルとして2018年10月に発売されたのが従来モデルのe5です。

e5は現在に至るまで、これまでのロボット掃除機史上最も売れているモデルとのこと(アイロボット調べ)。e5は発売当初49,800円でしたが、2021年10月に値下げし、現在は39,800円で販売されています。このエントリーモデルであるe5が世帯普及率を大幅に押し上げ、2022年現在では8.3%まで上昇しました。