貫地谷しほり、制服NGに決めた 20代前半の回想シーンも「無理がある」
拡大する(全1枚)
8月13日からBS10 スターチャンネルでスタートするドラマ『5の歌詩(うた)』(スターチャンネル EXでは7月7日より配信スタート)の完成披露舞台あいさつが19日、都内で行われ、貫地谷しほり高梨臨新川優愛吉沢悠、高橋義人(制作プロデューサー)、中村正人(DREAMS COME TRUE)が出席した。

同ドラマは、DREAMS COME TRUEの歌詞の世界を映像化したスターチャンネル初のオリジナルオドラマ。「何度でも」、「マスカラまつげ」、「空を読む」、「TRUE, BABY TRUE.」の4曲と、同ドラマのために書き下ろされた「新曲」をモチーフに、身近にいる家族や恋人、友人や大事な人など、それぞれの「あなた」という存在を思い浮かべられる物語に仕上がっている。

そんな同ドラマの舞台あいさつに、第1話「空を読む」から貫地谷しほり、第2話「マスカラまつげ」から高梨臨、第3話「TRUE, BABY TRUE.」から新川優愛、第4話「何度でも」から吉沢悠が登壇。貫地谷は「私が出演したドラマは淡々としたところからスタートしますが、そのトーンをやってみたかったんです」と台本を読んだ時点で女優魂に火が付いたといい、「素直に面白いなと思いましたし、感動しました」と作品を絶賛した。

貫地谷は今回、22歳ぐらいの回想シーンに臨み、「女子高生は無理なので制服をNGに決めました。大人がコスプレで着ちゃうのはありなんですが、回想で高校生は無理だと。でも今回の22~3歳も結構無理があるなと思いましたね。メイクさんたちが大変そうでした」と苦笑いを浮かべた。