Webカメラ/マイク/スピーカーをひとつにした「AnkerWork B600 Video Bar」
拡大する(全1枚)
アンカー・ジャパンは6月21日、4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を発売した。価格は29,900円。

リモートワークには欠かせない、オンライン会議に必要な機能をひとつにまとめたPC周辺機器。Webカメラ、補助ライト、マイク、スピーカーを内蔵し、モニターの上に本製品を設置するだけで会議用の機材が揃う。

専用ソフトウェアをPCに入れておけば、ユーザーの顔を画面の中央にとらえ続ける自動追尾/画角調整機能「セルフフレーム」を利用できるほか、ライトの色温度なども調整できる。4基の高感度マイクを搭載しており、周囲の雑音を低減するノイズリダクション機能も備える。

同社はこれまでにもWebカメラや会議用スピーカーなどビジネスユースの製品を展開してきたが、今後は「AnkerWork」というサブブランドを設けてラインアップを強化していく。本製品はAnkerWorkブランドの第一弾となる製品でもある。

カメラの解像度は最大2,560×1,440ドット、ライトの色温度は2,900K~6,200K。スピーカー出力は2W×2。接続にはUSB Type-Cを用いる。サイズは約180×46×38mm、重さは約462g。本体の対応OSはWindows 7以降とmacOS 10.11以降だが、AnkerWorkソフトウェアの対応OSはWindows 7以降とmacOS 10.14以降となる。