ドウシシャ、Android TV搭載でチューナーを省いた50V型4Kテレビ - 54,800円
拡大する(全1枚)
ドウシシャは6月21日、ネット動画を快適に視聴できるスマートテレビ「ORION(オリオン) Android TV搭載 チューナーレス スマートテレビ」4機種を発表した。テレビ用チューナーはいずれも非搭載。

ラインナップと直販価格は、6月下旬に発売予定の40V型(SAFH401)が40,800円、32V型(SAFH321)が32,800円、24V型(SLHD241)が27,800円。7月下旬に発売予定のフラグシップモデル「50V型4Kモデル」(SAUD501)が54,800円。直販サイトやホームセンターなどで販売する。

○40V型/32V型/24V型モデル

Android TV(Android Ver11)を搭載し、プリインストールされているNetflixやAmazon Prime Video、YouTubeなどのコンテンツが単体で視聴できるスマートテレビ。このほかの対応アプリも、Google Playからダウンロードすることで利用可能だ。

スマートフォンやタブレットから写真や動画、音楽をキャスト再生できるChromecast built-inにも対応。通信は有線LAN、無線LAN(2.4/5GHz対応)およびBluetooth機能を備える。

サウンド面は、フルレンジスピーカーを全機種2台装備。Dolby Audioに対応し、コンテンツを迫力ある音で楽しめる。また、デジタル音声をオーディオ機器に送るARC機能やデジタル音声出力端子を内蔵し、市販のサウンドバーやスピーカーシステムに出力できる。