鮮やか発色の量子ドット新「REGZA」登場 約25.5万円の48V型有機ELも
拡大する(全1枚)
TVS REGZAは、薄型テレビ「REGZA」の2022年モデル第2弾を7月1日から順次発売する。量子ドット技術を投入した4K液晶テレビなど4シリーズ11機種と、ミドルレンジの4K有機ELテレビ3機種を用意。4K量子ドット液晶の43V型は8月発売で、店頭予想価格は16万5,000円前後。

テレビ用高画質処理エンジン「レグザエンジンZR II」を全機種に搭載。ミニLED液晶を搭載した2022年モデル「55Z870L」(6月下旬発売予定)で初めて採用したもので、REGZAならではのさまざまな高画質技術を投入しており、ミドルレンジを含む幅広い機種の画質強化に寄与する。

価格はすべてオープンプライス。ラインナップと主な特徴、店頭予想価格、発売時期は以下の通り。
○4K液晶テレビ
■Z770Lシリーズ(量子ドット / 倍速液晶 / タイムシフトマシン)

75V型「75Z770L」:37万5,000円前後 / 8月
65V型「65Z770L」:31万円前後 / 8月
55V型「55Z770L」:25万5,000円前後 / 8月

■Z670Lシリーズ(量子ドット / 倍速液晶)

50V型「50Z670L」:19万円前後 / 8月
43V型「43Z670L」:16万5,000円前後 / 8月

■Z570Lシリーズ(倍速液晶)

65V型「65Z570L」:26万5,000円前後 / 7月1日
55V型「55Z570L」:19万円前後 / 7月1日