かまど炊きと炊飯器、お米が「おどる」ってどういうこと? パナソニックの開発拠点から
拡大する(全1枚)
パナソニックの炊飯器といえば、「おどり炊き」シリーズが有名です。薪をくべて高火力で炊く「かまど炊き」のように、激しい対流でお米をおどらせながら炊飯できる……というイメージで人気があります。

今回、兵庫県神戸市にあるパナソニック くらしアプライアンス社 キッチン空間事業部の開発拠点に伺って、「おどり炊き」技術について取材してきました。実際にかまどで炊いたごはんと、2021年に発売された最新モデルの炊飯器「SR-VSX1」シリーズの比較実験では、意外な事実が明らかに!?

○炊飯器は炎と同等の温度は出せないから、炊飯器独自の機構で対流を生む

各メーカーが美味しいごはんを追求する背景には、常に昔ながらの「かまど炊き」の存在がありました。薪をくべてかまどで炊くごはんは、高火力で一気に炊き上げるため、粒立ちやツヤがよく、うまみを引き出すことができます。

かまどで炊いたごはんを指標にしてきたパナソニックは、日々科学的なアプローチで炊飯プログラムの研究などを行っています。調理機器や食に精通する専門性を有するメンバーを集め、ライスレディとして1979年から活動を始め、2021年8月には名称をPanasonic Cooking@Labと改めました。Panasonic Cooking@Labのメンバーである塚原さんは「初代炊飯器を発売してから66年。美味しいごはんを最高の炊き上がりでお届けしたいという思いから、かまどを超える炊き技を目指し、日々開発をしています」と語ります。