NTT西の森林正彰新社長が記者会見、新たな経営方針は「伝新人輪」
拡大する(全1枚)
西日本電信電話(以下、NTT西日本)は6月29日、6月17日付で同社の代表取締役社長 社長執行役員に森林正彰氏が就任したとして、記者会見を開いた。

森林氏は1984年に北海道大学工学部を卒業し、日本電信電話(NTT)へ入社。その後、NTT Com AsiaのCEOやNTT EUROPEの代表取締役社長などを歴任しており、海外経験も豊富な点が同氏の経歴の特徴だ。2018年からはNTTの代表取締役副社長を務めている。

記者会見で同氏が示した経営方針は「伝新人輪(でんしんじんわ)」。社名である電信電話に掛けた造語だ。同社の伝統を守りながら、人と輪を広げ、新たな挑戦をしていくという意思から、これらの4文字を選んだという。

「伝」の字には、伝統を守る方針のほかに、同社の主事業である電話やICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)基盤としての光サービスなど情報を「伝える」使命を今後も果たしていく方針も込めているとのこと。また、技術も伝承しながら高品質な情報通信インフラを整備していくとしている。

「新」の字は同社の新たな挑戦を表している。特に、グローバル化に注力するという。森林氏は同社グループ企業で電子書籍配信サービス「コミックシーモア」を展開するNTTソルマーレを紹介し、「日本だけでのサービス展開はもったいないので、グローバル展開など、ビジネス拡大の可能性を模索していく」と述べた。