ホンダ、新型「シビック」のハイブリッドを発売 - 394万円
拡大する(全1枚)
ホンダは新型「シビック」のハイブリッド車(HV)を発売する。2.0L直噴エンジンに2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を組み合わせた1台で、発売日は2022年7月1日。価格は394.02万円、月間販売目標は300台とする。今年で50周年のシビックは世界累計販売が2,700万台に達する人気車種。

○国内ホンダ初採用の新ドライブモードを採用

シビックe:HEVは新開発の2.0L直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせた「スポーツe:HEV」を搭載するモデルだ。

エンジンには熱効率に優れたアトキンソンサイクルに加え、燃料をシリンダー内に直接噴射する直噴システムを新たに採用。燃料を無駄なく燃焼させることで、従来のe:HEV用2.0Lエンジンに対し高トルク化とエンジンモードでの走行可能領域の拡大を実現している。これにより低回転から高回転まで幅広い領域でエミッション(燃焼ガス中の有害物質)を抑制し、燃費や排出ガスクリーン性能、静粛性を向上させるとともに、ドライバーの操作にリニアに応える爽快な加速を獲得した。

PCU(パワーコントロールユニット)は軽量化と高出力化を行い力強い駆動に。IPU(インテリジェントパワーユニット)は内蔵するリチウムイオンバッテリーに低全高の新しいセルを採用、バッテリーモジュールの重量あたりエネルギー密度をさらに高め、パッケージ効率を向上させた。また、電動車開発で培ったノウハウをいかし、バッテリーの耐用年数を考慮しつつ使用領域を拡大。これにより、さまざまな場面でトルクのある加速を実現できたという。