キオクシア、ベーシックなmicroSDカードに512GBの大容量モデル
拡大する(全1枚)
キオクシアは6月30日、microSDメモリカードのベーシックモデル「EXCERIA BASIC microSDメモリカードシリーズ」に、512GBモデルを追加した。7月23日から発売を予定しており、価格はオープンプライス。

512GBもの大容量をmicroSDの小型フォームファクタで実現し、最大約77,030枚のjpgファイル(18メガピクセル換算)保存に対応するというストレージ製品。スピードクラスU1やSDスピードクラスC10に準拠し、最大読み出し速度は50MB/sを実現。-25℃~85℃の環境で使用でき、IPX7の防水、ISO7816-1準拠の耐X線を備えている。インタフェースはUHS-I。