グランドセイコー「44GS」55周年、「信州の雲海」を描いた限定モデル
拡大する(全1枚)
セイコーウオッチの高級ブランド「グランドセイコー」から、「信州の雲海」を表現した限定モデルが登場する。発売は7月8日、世界限定2,000本、うち日本国内は800本、価格は440,000円。

今回の「<グランドセイコー> Heritage Collection 44GS 55 周年記念限定 クオーツ特別精度モデル(SBGP017)」は、グランドセイコーが1967年に発表した「44GS」の55周年を記念したモデルのひとつ。グランドセイコーの時計作りや外観は「デザイン文法」と定義されており、これを確立したとするのが「44GS」だ。

グランドセイコーのクオーツモデルは、長野県の「信州 時の匠工房」で製造される。信州では、さまざまな気候条件がそろう早朝に壮大な「雲海」が出現するが、今回のSBGP017はその雲海をダイヤルで表現。現れては消える儚い雲海をモチーフとして、型打ち模様のダイヤルによって幾重もの雲と美しい水色という一瞬の情景を切り取った。

搭載するクオーツムーブメント「キャリバー 9F85」の標準時間制度は年差±10秒だが、これを年差±5秒まで高めた特別精度ムーブメントを採用。その証(あかし)として、6時位置にゴールドの「ファイブ・ポインテッド・スター」を配置している。

ムーブメントはゴールド仕上げとなっており、シースルーバックの裏ぶたから美しい姿がのぞく。この構造は「キャリバー 9F85」では初めてとのこと。裏ぶたには「LIMITED EDITION」の刻印とシリアルナンバーが記される。

ケースとブレスレットの素材はステンレススチール、ケースサイズは外径40×厚さ10.7mm、風防は内面無反射コーティングのデュアルカーブサファイアガラス、防水性能は10気圧。