ソニー、ホテルや文教向けの4K液晶BRAVIA - 43V型で14.3万円から
拡大する(全1枚)
ソニーマーケティングは7月4日、ホテルや旅館、オフィス、教育機関などに向けた法人向けの4Kチューナー付き液晶BRAVIA「BT30K/BZ」シリーズ5機種を発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は43V型が14万3,000円前後など。

サイズラインナップと店頭予想価格は以下の通り。
■BT30K/BZシリーズの店頭予想価格

75V型「FW-75BT30K」:33万円前後
65V型「FW-65BT30K」:23万1,000円前後
55V型「FW-55BT30K」:19万8,000円前後
50V型「FW-50BT30K」:16万5,000円前後
43V型「FW-43BT30K」:14万3,000円前後

民生用BRAVIAで培った高画質・高音質性能に加え、業務用途で必要な各種設定が可能なプロモードを搭載し、業務用途での円滑な運用を可能にした液晶テレビ。BS4K・110度CS4Kチューナーと、地上/BS/110度CSチューナーを各3基搭載(1基は視聴専用、2基は録画専用)し、ホテルや旅館、オフィス、教室におけるテレビ放送視聴などの用途に適するという。

同シリーズには、映像信号を高精度に分析し、最適な画像処理を行う4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。さまざまな映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」機能により、白飛びしやすい明るい部分の色味や、つぶれがちな暗部の階調も緻密に再現し、奥行き感や立体感のある映像表現を可能にする。さまざまな映像を高精細な映像にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」や、広色域技術の「トリルミナス プロ」も装備。HDR方式はいずれもHDR10、HLG、Dolby Visionをサポートし、ネット動画サービスも高画質で楽しめるとする。液晶パネルの駆動方式は非公開。LEDバックライトを装備する。倍速機能は備えていない。