最大2万ポイントの「マイナポイント」第2弾、どこでもらうとお得?
拡大する(全1枚)
政府のデジタル化推進施策「マイナポイント」の第2弾が6月30日にスタートしました。最大20,000円相当の各種ポイントを獲得できるチャンスですが、どの提携事業者で受け取るのがお得なのでしょうか。

そもそもマイナポイントって?何をすればいいの?

マイナポイントは元々、マイナンバーカードの普及を進めるため、マイナンバーカードを発行した人にインセンティブを与える目的で始まった取り組みです。第2弾ではもう一歩進み、マイナンバーカードの発行に加えて「健康保険証としての利用申込」「公金受取口座の登録」という2種類の手続きが求められています。

よくある誤解として「マイナポイントってどこで使えるの?」「知らないポイントをもらっても困る」という声がまだ少なからず聞こえますが、マイナポイントという名前のポイントは存在しません。PayPaySuicaなど普段お使いのサービスのポイントとして、各自の使いやすい形で受け取れます。

マイナポイント第2弾の特典は原則20,000円相当となります。内訳としては、カード取得で5,000円相当(第1弾と同等)、健康保険証で7,500円相当、公金受取口座で7,500円相当です。なお、第1弾を受取済の方は健康保険証+公金受取口座の15,000円相当が上限となります。

今回の特典をフルに受け取るためにやるべきことを整理しておくと、「マイナポータルで健康保険証としての利用申込をする」「マイナポータルで公金受取口座の登録をする」「お好きなキャッシュレス決済サービスをマイナポータルとひも付ける」という3点になります。