iClever、3台のデバイスを指1本で切り替えられるテンキーレスキーボード
拡大する(全1枚)
サウザンドショアスは7月6日、自社ブランドのiCleverから、最大3台のデバイスを接続できるコンパクトなBluetoothキーボード「IC-BK02」を発売した。価格は通常2,680円だが、7月12日までは300円オフクーポンを配布している(クーポン適用価格は2,360円)。

テンキーを備えないコンパクトなBluetoothキーボード。Bluetooth接続対応デバイスはWindowsやMac、iOS、iPadOS、Androidに対応し、接続先デバイスのOSを自動識別するため初期設定は不要。

最大3台までペアリングして、ワンタッチでデバイスを切り替えられるマルチペアリング機能を搭載。例えば、PCで資料を作成しながらスマホのメールを返信する場合でも、キーボード1台で完結する。

テンキーレスの省スペース設計で、大きなエンターキーが特徴の日本語JIS配列を採用。ボリューム操作やメディアプレーヤーの操作など、専用キーを押すだけで実行できる12種類のマルチファンクションキーを備える。

キー構造はパンタグラフ式を採用し、キーピッチが19mm、キーストロークが1.5mmとゆったりとしたレイアウトでしっかりとした打鍵感を実現したとする。単4乾電池2本で稼働し、連続使用時間は100時間。独立した電源スイッチに加え、スマート自動スリープ機能も搭載。電源オンやペアリング状況などがわかるLEDランプを備える。

本体サイズはW285.5×D125.5×20mm、重さは210g。電源は単4形乾電池×2本(別売)。操作距離は10m、接続方式はBluetooth 5.1、接続可能台数は3台、カラーはホワイト。スマホやタブレットを立てかけられるスタンドが付属する。