焦点工房、「TTArtisan AF 32mm F/2.8」 フルサイズ&AF対応で24,999円
拡大する(全1枚)
焦点工房は7月6日、銘匠光学ブランドの単焦点レンズ「TTArtisan AF 32mm F/2.8 Zマウント」の先行販売モデルを発売した。先行販売モデルは、今後発売される通常モデルとわずかにデザインが異なるものとなる。数量限定で、直販価格は24,999円。

35mmフルサイズ対応で、焦点距離は32mm。ニコンZマウントに対応する小型軽量の単焦点レンズだ。STM(ステッピングモーター+リードスクリュー)を採用しており、オートフォーカスが正確で高速なのが特徴。瞳AF時は正確なトラッキングで追従し、動画撮影時にはスムーズにピント調整を行う。

レンズ構成は6群9枚で、LD異常低分散レンズ1枚、ASPH非球面レンズ2枚、高屈折低分散レンズ3枚を使用。鏡胴は金属製で質感が高い。角型フードは内蔵式で、コンパクトな状態でカメラを持ち出せる。

絞り羽枚数は7枚でフィルター系は27mm。最短撮影距離は0.5m。本体サイズは直径W63×D50mm(マウント部除く)、重さは約195g。