アイドルグループ・SixTONESのジェシーが1日、都内で行われた主演ミュージカル『ビートルジュース』の取材会に出席した。

本作は、ティム・バートン監督の映画作品を原作としたミュージカルで、幽霊となった夫婦が自分たちの家に引っ越してきた人間一家をあらゆる手段で追い出そうとすることから始まる物語。
2人が死後の世界の厄介者でバイオエクソシストのビートルジュース(ジェシー)に協力を求めたことをきっかけに巻き起こる波乱を、コメディの奇才と称される福田雄一氏の演出で日本初上演する。

ミュージカル初主演となるジェシーは「ミュージカルは全然かけ離れていると思っていた。メンバーの(京本)大我や先輩方もやられていますが、俺はいいやという感じでした(笑)」と話し、「大我はもう何本も(ミュージカル)やっているので、いろいろ話を聞きながらアドバイスをもらえたらいいなと思っています」とコメント。京本の出演ミュージカルを見た感想を聞かれると、「かっこいいですよ。全然違う一面が出て」と答えた。

自身が舞台に出演する際、メンバーに「見に来て」とは言わないものの、スケジュールが合えば自然とお互いの出演舞台を観劇し合っているそうで、「『スタンディングオベーション』もみんな来てくれて。
各々頑張っている中で、時間が合えば来るという感じで、自然と行こうかなって」と説明した。

メンバーそれぞれ個人でも活躍しており、「尊敬しますよ」とリスペクトするジェシー。「それぞれ思っていることがあるし、そういうのものもあるからより仲良くなったり」と述べ、「高地(優吾)もこの間の作品で舞台好きになったって」とうれしそうに明かした。

また、『スタンディングオベーション』を振り返って、「誰にも見せたくないと思っていたけど、もっとみんなに見せたいという気持ちになった」と言い、「初日は本当に怖かったですから。秋元康さんがど真ん中で見ていて、事務所の社長もいて、京本政樹さんもいて」と吐露。『ビートルジュース』のメンバーの観劇は「落ち着いたときに来てほしい」と話した。


『スタンディングオベーション』を乗り越えたことで、「やればできるんだな」と自信もついたようで、「覚えられるわけないじゃんと思っていたけど、稽古で何回もやるというのは大切なんだなと思いました」と語った。

舞台や映像作品など俳優としても経験を重ねているジェシー。俳優業への思いを聞かれると、「役者さんすごいなという思いです。僕は役者じゃないので。こういう大きいお仕事をいただいてありがたいですけど、申し訳ない部分もありながら。この間の『TOKYO MER』(『劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~』)もそうですけど、鈴木亮平さんすごいなとか、それを本業としてやられている方を目の前にするとやっぱり全然自分はまだまだだなと」と打ち明けつつ、「いい経験で、そのときは大変ですけど、終わってやってよかったなと思うようには少しずつなってきています」と述べた。


本作は、8月4日~27日に東京・新橋演舞場、9月2日~8日に愛知・御園座、9月13日~27日に大阪・大阪松竹座にて上演。