LINEの「複数人トーク」とは? 現在は廃止された?

LINEの「複数人トーク」は、グループを作らずに複数の友だちとメッセージをやり取りできる機能です。しかし、2021年9月のアップデート(バージョン 10.17.0)によって「複数人トーク」は「グループトーク」に機能統合されました。
それ以前に作成済みの複数人トークは現在も利用できますが、複数人トークの新規作成はできないため、事実上の廃止とも言えるでしょう。

LINEで「複数人トーク」を作成する方法、廃止後はどうなった?

かつては、トークルームを作成する際に複数の友だちを選択すると、複数人トークを開始できました。しかし、複数人トークがグループトークに機能統合された現在、従来と同じ方法で複数人トークの作成を試みるとどうなるでしょうか? 実際に検証してみました。

現在はこのように複数人トークを新たに作成できず、グループトークを利用するしかありません。また、1対1のトークルームに別の友だちを招待しても、同じようにグループ作成画面に誘導されます。グループの作成方法は下記の関連記事で詳しく解説しています。


【関連記事】
LINEグループを作成する方法(作り方)

既存の「複数人トーク」から退会(退出)する方法

現在は複数人トークの新規作成はできませんが、かつて作成した既存の複数人トークは利用を継続できます。何らかの理由で既存の複数人トークから抜けたいときは、以下の手順で退出します。退出するとトーク履歴がすべて消去される(トークルームが消える)ので、必要であればスクショやテキストデータを保存しましょう、

ちなみに、グループトークを自分から脱退すると「〇〇が退会しました」というメッセージが流れますが、複数人トークの場合は「〇〇が退出しました」と表示されます。

複数人トークから退出する側

複数人トークに残った側

【関連記事】
LINEで「退出しました」と表示される理由 - 「退会しました」との違いは?

既存の「複数人トーク」を退出した後、復活できる?

複数人トークを自分から退出しても、残っている他のメンバーに招待してもらえば再び参加できます。ただし、過去のトークはすべて削除された状態で、まっさらな新規メンバーとして復活することになります。
既存の「複数人トーク」に友だちを招待するとどうなる?

複数人トークがグループトークに機能統合された今、既存の複数人トークに別の友だちを招待するとどうなるでしょうか? 検証した結果、従来と同じように「複数人トーク」の形態を維持したまま、招待した友だちがメンバーに追加されました。
複数人トークに別の友だちを招待しても、グループトークに変更するよう求められないので安心してください。

複数人トークに招待された友だちは強制参加となりますが、そのことは本人に通知されません。招待後に複数人トークでメンション(@付きのメッセージ)を送ったり、別途1対1トークで知らせたりすると親切でしょう。
「複数人トーク」と「グループトーク」の違いは?

従来の「複数人トーク」と現在の「グループトーク」のおもな違いを下表にまとめました。最大の違いは、メンバーを招待する方式です。複数人トークではメンバーを招待するとすぐに強制参加(追加)となりますが、グループトークでは強制参加(追加)方式から相手の承認を必要とする方式に設定変更できます。


そのほか、「アルバム」や「ノート」を利用できるか、トークルームの名前やアイコン画像を変更できるか、グループリストに表示されるか、最大参加人数などの機能差があります。

既存の「複数人トーク」から「グループ」を作成する方法

既存の複数人トークのメニューから「その他」を開くと、「グループを作成」という項目があります。ただし、同項目を利用して作るグループは、既存の複数人トークから独立した「別もの」となります。複数人トークからグループを作成する場合は、あらかじめ次のポイントを理解しておきましょう。

新たにグループを作成しても、既存の複数人トークは維持され、両方が存在する状態となる
既存のトーク履歴を新たなグループに引き継ぐことはできない
友だち登録していない既存メンバーはグループ作成時に招待できない(※)

まず、グループを作成しても、既存の複数人トークが削除されることはなく、グループトークと複数人トークが併存します。したがって、既存の複数人トークの履歴を引き継いだり、移管させたりはできず、新たなグループはトーク履歴がゼロの状態からスタートします。


自分が友だち登録していないメンバー(※)は、グループ作成後に別のメンバーから招待したり、既存の複数人トークにグループのQRコードや招待URLを共有することで参加してもらうとよいでしょう。

※自分がブロックしているメンバーも招待できません。

まとめ

LINEの複数人トークがグループトークに機能統合されてから、すでに2年近くが経過しました。新たな複数人トークは作成できないものの、既存の複数人トークは利用できるので、「廃止された」という実感がわかない印象もあります(実際に廃止ではなく機能統合された)。

複数人トークにできて、グループトークにできない機能はありません。グループトークの場合、名前を決める必要があるなど作成時に若干の手間はかかりますが、いったん作ってしまえば複数人トークよりも多彩な使い方ができます。


阿部求己 あべもとき 1998年、パソコン雑誌「PCfan」にて編集者としてのキャリアをスタート。2012年にマイナビニュース デジタル編集部に加入し、パソコン、カメラ、オーディオ、スマホ、デジタル家電関連の記事を担当。2014年から2017年にかけて同編集長、2019年までプロデューサーを務める。現在はマーケティング系の部署から、TwitterやLINE、Amazon、iPhoneAndroid関連の記事編集・執筆を時折手がけている。監修記事一覧はこちら。 この著者の記事一覧はこちら