映画『Gメン』(8月25日公開)の完成披露舞台挨拶が25日に都内で行われ、主演を務める岸優太竜星涼恒松祐里矢本悠馬森本慎太郎(SixTONES)、りんたろー。、吉岡里帆高良健吾尾上松也田中圭、瑠東東一郎監督が登壇した。


同作は小沢としお氏による同名コミックの実写化作。女子に大人気の男子進学校に転校したはずが、問題児ばかりが集まる1年G組に入ってしまった門松勝太(岸)。そこで出会ったクセの強いクラスメイト(竜星、矢本、森本、りんたろー。)や上級生らと共に、日々を楽しく全力で生きていきながらも、突如降り掛かってくる巨悪な事件や、誰もが恐れる危険な組織との壮絶な戦いの中で、葛藤し立ち向かいながら成長していく。

5月22日をもってKing & Princeを脱退して以降、初の公の場となった岸。スモークの中から壇上に岸の姿が見えると、会場に集まった約600人からは大きな歓声が上がった。


自身の演じた役柄について、岸は「短い言葉で表すのはちょっと難しいんですけど……」と切り出し、「熱いキャラクターで、誰かのために何かをする感じの? とにかく熱い“ほぼ岸”みたいな。いいヤツって感じです」と迷走しながら答え、笑いを誘っていた。

同じく1年G組のクラスメイトを演じた竜星、矢本、森本、りんたろー。とは、グループLINEを作るなど仲を深めていたという岸。撮影の合間には実際の男子高校生さながらのやり取りが繰り広げられ、森本がその場で考えた一発ギャグを披露するなど和気あいあいとした雰囲気だったそう。

岸が「僕もやりました! ギャグのぶつけ合いでした」と振り返ると、これを聞いた矢本は「岸、めっちゃおもろいやつあったよね?」と無茶振り。
さらにりんたろー。から「“Gメンギャグ”あったよね?」と追い打ちをかけられた岸は、半ば観念した様子で「(きょう会場に) 来てくれてありがとうという思いを込めてやらせてください!」といい、「カ~メ~ハ~メ~、背水の陣! あぶね! あぶね!」と全力でギャグを披露し、会場を大いに沸かせた。

窮地を乗り切った岸だったが、「最低ですよ……」と恨み節。「でもいいですよ」と気を取り直し、「俺だけ好感度、爆上がりっす」と撮影当時さながらその場を明るくしていた。