女優の吉岡里帆が、25日に都内で行われた映画『Gメン』(8月25日公開)の完成披露舞台挨拶に登壇。劇中のセリフで“とんでもない暴言”を吐いたことを明かした。


同作は小沢としお氏による同名コミックの実写化作。女子に大人気の男子進学校に転校したはずが、問題児ばかりが集まる1年G組に入ってしまった門松勝太(岸優太)。そこで出会ったクセの強いクラスメイト(竜星涼矢本悠馬森本慎太郎、りんたろー。)や上級生らと共に、日々を楽しく全力で生きていきながらも、突如降り掛かってくる巨悪な事件や、誰もが恐れる危険な組織との壮絶な戦いの中で、葛藤し立ち向かいながら成長していく。

この日のイベントには吉岡のほか、主演の岸優太、竜星涼、恒松祐里、矢本悠馬、森本慎太郎(SixTONES)、りんたろー。、高良健吾尾上松也田中圭、瑠東東一郎監督が参加。
今作で岸・竜星ら1年G組の担任教師・雨宮瞳を演じた吉岡。自身の役柄について「優しくて可憐で大変暴力性のあるキャラクターを演じさせていただいております。やんちゃな生徒たちをひとまとめにできるような腕力をもって参加させていただきました」と説明する。

清楚系の見た目からは想像できない暴言セリフがあったという吉岡は「きょうも岸くんのファンが本当に大勢来てくださっているじゃないですか? 皆さんに本当に嫌われるんじゃないかな……脚本をいただいた段階でいったん『この暴言って本当に大丈夫なのかな?』と、脳内でぎゅるぎゅるしました」と不安な様子。しかし「おもしろかったらいいかなと思って、全員にとんでもない暴言を吐いています」と期待をあおった。

一方で、そんな吉岡との共演シーンを「なかなか貴重な経験をさせてもらいました」「痛かったよね……」と意味ありげに振り返った岸と竜星。
撮影では思わぬハプニングもあったそうで、竜星が「僕を見て、顔がおもしろいって延々と笑う……僕はもうどうしたらいいかわからないですよ!」と吉岡のNG連発エピソードを披露する。これに対して吉岡は「違う! 整い過ぎて! 顔が小さすぎてみたいなことです。あと、岸くんと竜星くんがずっとおもしろい話とかをしていたので、おもしろエキスみたいなものが空間に出ていて、それに感染した感じ」と弁明。岸も「魔物がいましたよね。真剣なシーンなのにおもしろくなっちゃって、僕らも何度か(NGを出していた)」と撮影当時を振り返りつつ、フォローしていた。