俳優の役所広司が主演を務める、映画『八犬伝』(2024年10月公開)の追加キャストが18日、明らかになった。

中村獅童・尾上右近・立川談春ら『八犬伝』追加キャストが明らかに


今回、河合優実・中村獅童・尾上右近・立川談春といった強い存在感を放つ新キャスト4名の出演が決定。
滝沢馬琴が生み出した「八犬伝」=虚の世界で八犬士の一人・犬塚信乃(渡邊圭祐)に思いを寄せる浜路を河合が演じるほか、馬琴らが生きる実の世界において馬琴に関わる重要なキャラクターで江戸時代を代表する歌舞伎狂言作者・鶴屋南北を立川が演じる。南北が劇中で披露するのは、南北の歌舞伎代表作であり今でも日本で一番怖い怪談と言われる「東海道四谷怪談」の初演。当時は民谷伊右衛門役を七代目 市川團十郎、お岩役を三代目 尾上菊五郎が演じていたが、この役を中村獅童と尾上右近が200年の時を越えて演じる。

【編集部MEMO】
同作は日本ファンタジー小説の原点『南総里見八犬伝』をもとにした、山田風太郎氏の小説『八犬伝 上・下』(角川文庫刊)の実写化作。里見家にかけられた呪いを解くため、運命に引き寄せられる若き8人の剣士たちの戦いをダイナミックに描く《虚》パートと、180話に及ぶ物語を悩み苦しみながら28年もの歳月をかけて書き上げた作家 滝沢馬琴の創作の真髄、そこで生まれた奇跡の実話を描いた《実》パートがシンクロする物語となる。