韓国・仁川のインスパイア・エンターテインメント・リゾートで15日・16日、音楽フェス「2024 Weverse Con Festival」が開催され、2日間で計約22,000人が来場した。

今年で2回目開催となった同フェス。
前回20組だった出演アーティスト数は今年24組に増え、K-POP以外にも、J-POPから歌謡まで多様な音楽が集結。HYBE LABELSアーティスト9組をはじめ、グローバルスーパーファンプラットフォーム「Weverse」にコミュニティを開設しているアーティスト14組、そしてトリビュートアーティストのJ.Y.Parkが出演した。

2日間で計約22,000人が会場を訪れ、屋外(Weverse Park)と屋内(Weverse Con)の公演を終日観覧できる1DAY PASSは早々に完売。また、約18,000人が全世界からオンライン生中継で公演を視聴し、オンラインとオフラインを合わせた観客数は前年の約2万人から約2倍増加した。

特に韓国以外の地域からの観客の割合は、会場来場者が51%、オンラインストリーミングが63%となり、オンラインとオフラインを合わせた全体のうち韓国以外の地域からの観客が56.5%を占め、グローバルな音楽フェスとしての地位を確立した。今年2月末の「Weverse Con Festival」開催告知から公演終了日の6月16日までの間にX(Twitter)に投稿されたの「Weverse Con Festival」関連のグローバルポストは約153万件に達し、オンライン上でも関心の高さが際立った。


インスパイア・アリーナで行われた「Weverse Con」は、ステージデザインは都市の超高層ビルを形象化したデザインで、全長約68.5mに及ぶ巨大なLEDスクリーンがアーティストたちの表情や繊細な動きを鮮やかに伝えた。

「トリビュートステージ」は、SEVENTEENのWOOZIとTOMORROW X TOGETHERのYEONJUNの紹介によってJ.Y.Parkが登場。圧倒的なステージ掌握力で“リビング・レジェンド(生きた伝説)”の品格を証明した。

J.Y.Parkは数多くのヒット曲のパレードと共に計9組のアーティストたちとコラボレーション。J.Y.Parkがオーディション番組を通じて直接選抜したTHE NEW SIXとバーチャルアーティストPLAVEがそれぞれ「Switch to Me」のカバーステージを披露し、BOYNEXTDOOR、ILLIT、TWS、BAEKHO、fromis_9のPARK JI WON、ENHYPENのメンバー全員とHEESEUNG、JAY、TOMORROW X TOGETHERのBEOMGYUとそれぞれコラボステージを繰り広げた。

2日目のステージには、J.Y.Parkの長年の「音楽仲間」であるHYBE議長のバン・シヒョクがサプライズで登場。
J.Y.Parkの「I Have a Woman」のギター演奏と共に2人が一緒に登場すると、客席から一斉に歓声が沸き起こった。J.Y.Parkは「このギターリフを作ったのが私の愛する弟、バン・シヒョクです」と紹介し「22年ぶりに再びシヒョクのギターでこの歌を歌うことになりました」と感慨を込めながら感想を伝えた。

続いて二人が一緒に作ったgodの「嘘」、「ろうそく1本」などのヒット曲をバン・シヒョクがキーボードで演奏。そして、ENHYPENのJAY、TOMORROW X TOGETHERのBEOMGYUがギター演奏に加わり、会場はさらに盛り上がりを見せた。J.Y.Parkとバン・シヒョク2人の共演は、昨年10月に2人が共演したtvN放送の番組『ユ・クイズ ON THE BLOCK』の撮影現場で、J.Y.Parkのトリビュートアーティストとしての出演を交渉した直後から計画され、長い練習を経て披露されただけに、約20年ぶりの共演とは思えないほど完璧に息をそろえたパフォーマンスを見せた。

「Weverse Con Festival」のステージを終えたJ.Y.Parkは「後輩アーティストたちが時間を割いて丁寧にステージを準備してくれたことに対して心から感謝しています」とした上で、「いつもの自分たちの音楽スタイルと違うので簡単ではなかったはずですが、完璧に消化しながらも自分たちだけの色で魅せてくれたことに驚きました」と思いを明らかに。
そして、「このようなステージを通じて、世代を超えて音楽で一つになることが続いてほしいです」と、大衆音楽のレガシーをつなげようという「Weverse Con Festival」の意義に共感を示した。そして「私の長年の友人であり音楽の同志でもあるシヒョクと大切な思い出を作ったようでうれしいです。このステージを10年後に振り返ることを想像するとやりがいがあります」と感想を付け加えた。

「Weverse Con Festival」には国内外のトップクラスのミュージシャンたちが一堂に会し、初日に出演したILLITは興奮を隠せない様子で「初めてWeverse Con Festivalの舞台に立ちます」と話し、日本から参加したYOASOBIは韓国語で「こんにちは、私たちはYOASOBIです!」と挨拶をしながら登場し、計4曲のライブを披露して会場中の観客から大きな歓声を浴びた。最後のステージに立ったTOMORROW X TOGETHERは、ワールドツアーの大規模公演を通じて積み重ねてきた「公演強者」としての実力を思う存分発揮した。

2日目にはTWSやJD1、PLAVE、fromis_9、ENHYPEN、SEVENTEENが登場。
バーチャルアーティストのPLAVEは隙のないライブパフォーマンスを繰り広げるとともに、観客と自然にコミュニケーションし注目を集めた。最後にステージに登場したSEVENTEENは、フェスティバルのヘッドライナーにふさわしい華やかなステージを披露。「God of Music」や「Left & Right」で会場を沸かせたSEVENTEENは、ユニットごとにもステージを含めた多彩なパフォーマンスで2日間行われた「Weverse Con Festival」のフィナーレを見事に締めくくった。

緑の芝生で繰り広げられた「Weverse Park」は、野外公演の自由な雰囲気とアコースティックサウンドならではの自然な魅力を満喫できる雰囲気に。すべてライブバンドでパフォーマンスされ、普段は激しいパフォーマンスを披露しているアーティストも、既存のヒット曲をバンドアレンジで披露し、よりリラックスした自由な雰囲気を演出した。

初日の「Weverse Park」のステージはBOYNEXTDOORのパフォーマンスで幕を開け、「BOYNEXTDOORを初めて見る人に顔を覚えてもらえるようにしたい!」と意気込みたっぷりのステージを披露。
俳優イ・ソンギョンもフェスティバルのステージに上がり、DAY6の「You were Beautiful」などを歌って歌唱力を披露し、10CMは観客と一体感を楽しみ、“フェスティバル強者”の姿を見せた。キム・ジュンスはライブバンドはもちろん、ダンサーチームと一緒に多彩なステージを披露し、一瞬のうちに観客を熱狂の渦に巻き込んだ。&TEAMやTOMORROW X TOGETHERも野外ステージでのバンドライブにふさわしい楽曲でステージを構成し、新しい魅力をファンに届けた。

2日目の「Weverse Park」には、CHUU、JUST B、Billlie、ENHYPEN、ソ・ウングァンとイム・ヒョンシクなど多彩なラインナップのアーティストがステージを彩り、特にSNSチャレンジでグローバルヒットメーカーとなったJ-POPスターのimaseは「NIGHT DANCER」などを歌唱し、韓国の観客とも自然に息の合ったステージを作り上げた。「Weverse Park」のステージの最後は、今年デビュー20周年を迎えたキム・ジェジュンが飾り、華やかなビジュアルと爆発的な歌唱力で変わらないアイドルスターであることを確認させた。

「Weverse Park」近くのWeverseブースでは、訪れたすべての観覧客にフォトカードを提供。
このカードには、肉眼では見えないウォーターマーク(※デジマーク技術供給:プラクティカルメソッド)を適用。「Weverse Lens」で撮影すると、デジタルフォトカードとしてWeverse内に保存できるという機能にファンからは大きな反響が寄せられた。ファンがまるでアーティストになって「Weverse LIVE」を行うような体験ができる「Weverse LIVE ARフォトウォール」もフェスティバルの思い出を残したい来場者の撮影スポットとなった。

こうした体験ブースに長時間並ばずに利用できる「Weverse Queue(順番待ち)」サービスは、期間中24,000回利用された。これらのサービスを含め、2日間でWeverseにアクセスしたユーザーは700万人に達し、これは平時の月間アクティブユーザー数(MAU)約1000万人の70%が2日間で集まったことになる。4コマ写真撮影など様々な楽しみが提供されたWeverseブースの利用者数は、前年対比約2倍増となる2万人に迫った。

今年の「Weverse Con Festival」は、K-POPの世界的な人気と相まって、様々な海外メディアからも注目を浴びた。アメリカのオンラインラジオ放送局「iHeartRadio」は「Weverse Con Festival」の会場で出演アーティストとのインタビューセッション実施。iHeartRadioで『KPOP With JoJo』という番組を放送しているジョジョ・ライトは「『Weverse Con Festival』はK-POPがグローバルな現象であることを最もよく示しています」と話し、「私たちiHeartチームはK-POPの最も大きなスターをインタビューしてアメリカ全土にいるファンにフェスティバルのエネルギーを伝えるために韓国に来ました。K-POPの人気がますます高まっていることは明らかで、『Weverse Con Festival』はこれを証明しています」と語った。

主催のHYBEは「『Weverse Con Festival』に多くの方々が昨年に比べてさらに大きな関心を示してくれたことを観客数や会場・SNS上での肯定的な反応で確認することができました」と総括。そして、「『Weverse Con Festival』を通じて世代やジャンル、地域の境界なく音楽を愛する人々のための統合の場を作ろうという意図に観客も共感して楽しんでくれていることに感謝し、今後もさらに拡張されたフェスティバルを実現できるように持続的に発展させていきます」と、今後の展望をコメントしている。

(C)2024 Weverse Con Festival