Netflix映画『余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。』(6月27日配信)の配信記念イベントが18日、都内で行われ、永瀬廉(King & Prince)、出口夏希、三木孝浩監督が登壇した。


本作は、森田碧氏によるベストセラー小説『余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話』が原作。突然余命を宣告され、いろいろなことを諦めながら淡々と日々を過ごす中で、運命の恋に出会うことで再び人生に希望を見出していく主人公・早坂秋人役を永瀬が演じ、ヒロイン・桜井春奈役を出口が務めた。

永瀬は、出口のことを「でぐ」と呼び、あだ名で呼ぶようになってから距離が近づいたという。「共通のスタッフさんがいて、その人が『でぐ』と呼んでいて」と言い、「その経緯を説明せず『でぐ』って呼んだもんだから、何この人みたいな目で最初見られて、あれは申し訳なかった」と突然呼び始めて驚かせたことを反省していた。

出口は永瀬のことをフルネームで呼んでいるそうで、「ずっと『秋人くん』って呼んでいたんですけど、永瀬さんも『でぐ』って呼んでいるから、シーンじゃないときは『秋人くん』じゃダメかと思って。でも廉くんっていうキャラじゃないんだよなと思って、たどり着いたのがフルネーム『永瀬廉』でした」と説明。


だが、「おじさん」と呼ぶこともあったそうで、永瀬は「『おじさん』って呼ばれて、でぐのほうを見たら俺をほうを見て『おじさん』って言っているから、俺のことかってそこで理解しました。衝撃の呼び名です。でもそれのおかげでいじり合いができるようになったのでツールとしては助かりました」と笑っていた。