アンカーの家電ブランド「Eufy(ユーフィー)」は、6月21日よりロボット掃除機の新製品「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」(以下、S1 Pro)を発売開始します。

ユーフィーといえば、今年2月に通常価格10万円以下ながら水拭きモップの乾燥まで行う「Eufy X10 Pro Omni」(以下、X10 Pro)を発売したばかり。
今回発表されたS1 Proは、通常価格199,900円と、X10 Proを越えるフラッグシップモデルとなります。

X10 Proも多機能なロボット掃除機でしたが、新製品はどこが進化したのか? プレス向け発表会にて短時間ながら実機をチェックしてみました。

今までにない形に進化した充電ステーション

S1 Proで最初に目を引くのが、いままでにない充電用ステーションのデザインでしょう。

モップの自動洗浄機能を搭載するロボット掃除機は、ゴミ収集用紙パックに、水拭き用の清水タンクと汚水タンクなどを内蔵するためにサイズが大きくなりがち。このため、今まではこういったステーションは背の低い箱型デザインがほとんどでした。

一方、S1 Proは67cmの高さがある細いタワー型。
高さはあるものの、細長いためかあまり圧迫感がないうえ、腰を曲げることなくステーション最上部にある清水タンクの取り外しができるというメリットがあります。

多機能ロボット掃除機は通常スマートフォンでさまざまな設定や操作をしますが、簡単な操作なら本体ボタンでも実行可能です。

S1 Proは、この「一般的にロボット掃除機の本体にある操作ボタン」をステーション天面に配置しています。操作部は液晶タッチパネルになっていて直感的な操作ができるほか、床上約60cm以上の高い位置にあるので、かがまず操作が可能なところも便利です。

清潔性にとことんこだわった水拭き機能

ステーション以外の注目ポイントが、水拭き用モップの形状です。一般的なロボット掃除機は上下振動するシート型か、回転する円盤型のモップを採用しています。


ところが、S1 Proは先日発表されたスイッチボットの「SwitchBot お掃除ロボットS10」と同じロール型のモップを採用しました。

ロール型モップの最大のメリットは、モップの汚れをしごき取るブレードを配置することで、水拭き掃除と同時にモップの汚れも落とせること。

シート型や円盤型のモップの場合、一度汚れたモップはステーションに戻るまで汚いままですが、S1 Proは常にキレイなモップで水拭き掃除ができるのです。このため、汚れを広げてしまう失敗が起こりにくくなります。

さらに、ステーションの清水タンクには「Eco-Clean Ozone」機能を搭載し、ステーション内で水を除菌機能のある「オゾン水」に変えるため、水拭き掃除の水は常に除菌水になっています。洗剤ナシでも床の除菌掃除ができるうえ、ステーションに専用洗剤をセットすればさらなる清掃力アップも可能です。


水で濡れたモップは濡れたまま放置すると菌が繁殖して臭くなりがちですが、除菌水を使うため菌の繁殖がしにくいうえ、ステーション帰還後は約55℃の温風でモップの自動乾燥もするので、ニオイの心配もなさそうです。とにかく水拭き掃除へのこだわりを強く感じる機能を複数搭載しています。

除菌水の生成や背の高いステーションは今後のスタンダードになるか?

残念ながら発表会では実際の掃除能力はチェックできませんでしたが、吸引力は8,000Paと強力。カーペットに絡みついた髪の毛までしっかり除去できるそうです。

さらに、S1 Proは「賢い動き」にもこだわりがあります。従来までの最上位モデルX10 Proは100以上の障害物を認識するAIカメラとレーザーで部屋の構造や障害物を認識していましたが、新S1 ProはAIカメラとレーザーのほか、さらに深度センサーまで搭載。
より賢くなめらかな動きができるのです。

モップの温風乾燥までできる「全部入り」のステーションに、リアルタイムにモップを清潔にするロール型モップなど、S1 Proは今のプレミアムロボット掃除機の機能をこれでもかと詰め込んだような製品です。

さらに「オゾン水の生成」や、操作性のよさを追求した「背の高いステーション」など、Eufy独自の機能も注目したいところ。とくにステーション内で除菌水を生成するという発想は「この手があったか!」と驚かされました。洗剤のようなランニングコストなしで家を清潔にできるのは嬉しいポイントです。

水拭き掃除にこだわりたい人には、一度チェックしてほしい製品だと感じます。


倉本春 くらもとはる 生活家電や美容家電、IoTガジェットなど、生活を便利にする製品が大好きな家電ライター。家電などを活用して、いかに生活の質をあげつつ、家事の手間をなくすかを研究するのが現在最大のテーマ。 この著者の記事一覧はこちら