女優の佐久間由衣が、21日に都内で行われた映画『おいハンサム!!』(6月21日公開)の公開記念舞台挨拶に吉田鋼太郎(リモート)、木南晴夏武田玲奈MEGUMIとともに登場した。

同作は、父・伊藤源太郎(吉田)と、幸せを求め人生に迷う三姉妹 長女・由香(木南晴夏)、次女・里香(佐久間由衣)、三女・美香(武田玲奈)、そしてマイペースな母・千鶴(MEGUMI)という伊藤家5人が織り成す、「恋」と「家族」と「ゴハン」をめぐる新感覚コメディ。


○■佐久間由衣、食欲止まらず毎食ごはん3杯「お米が足りない(笑)」

佐久間はお気に入りのシーンについて聞かれると、「お姉ちゃん(木南)が血迷って、大森さん(浜野謙太)のエクレアを奪い、公共の場で妖怪のように食べるというところ」と笑いをこらえながら回答。「おかしくて(笑) 映画を観ていても心配になった。ホラー映画のようでした(笑)」と笑いを誘った。舞台挨拶前に行われた上映でも同シーンでは笑いが起こっていたそうで、木南は「笑ってくださいね? 怖いシーンじゃないので! ホラーじゃないですよ?(笑)」と観客に語り掛けていた。

また、イベントでは作品のタイトルとかけ、「おい○○!!」というお題で身の回りで起きていることにもの申したいこと・ツッコミを入れたいことについてトークをするコーナーを実施。佐久間は「おいまんぷく!!」と書かれたフリップを手にしながら、「食欲が止まらなくて……毎食ごはんを3杯くらい食べちゃうんです。
炊いたお米が足りない(笑)」と照れた表情を見せる。この話を聞いたMEGUMIは「(佐久間が演じた)里香もすごい食べる子だから、(撮影で)胃が大きくなっちゃったのかもね」と役さながらにフォローをしていた。