ナビタイムジャパンは6月24日、KDDIとの協業で提供している「auカーナビ」において、Android Auto 1.4をサポートし、ディスプレイ上での地図のタッチ操作に対応した。

従来はAndroid Autoの仕様上、車載ディスプレイのタッチ操作で地点を選択することができず、スマートフォン川で事前に確認・設定を済ませておく必要があり、操作性に関する要望を多く受けていたという。
新バージョンのAndroid Auto 1.4でそのような操作が可能となったため、いち早く対応した。

具体的には、スポットアイコンや登録済のMy地点を直接地図上でタップして経由地や目的地に設定したり、規制情報アイコンをタップして詳細を確認したり、一般道と高速道路が重なっている場合にどちらかを指定したりできるようになる。

自社提供の「カーナビタイム」でも、7月に同様の対応を行う予定。