PayPay/PayPayカードは6月25日、キャッシュレス決済「PayPay」のアプリ内で提供している「PayPayカード」ミニアプリのアップデートを発表した。6月から順次適用される。


まず、PayPayカードミニアプリでの「PayPayポイント」の表示方法を改良する。トップ画面には、当月の請求金額に対して付与されるポイント数、翌月以降の請求金額に対して付与予定のポイント数がそれぞれ表示されるようになる。また、PayPayステップの達成状況を反映した現在のポイント付与率も確認できる。

もう一点の更新内容は、PayPayの取引履歴における利用店名の登録機能の追加だ。

PayPayカードを支払元としてPayPayを利用した場合、PayPayアプリの取引履歴では支払後すぐに「支払い受付」という状態(黄色画面)になるが、利用先によっては「支払い完了」(緑画面)に変わるまでは利用店名が表示されない場合がある。今回の更新により、黄色画面の状態であれば手動でどこで使ったかを入力できるようになり、利用履歴を把握しやすくなる。