Netflixシリーズ実写版『ONE PIECE』の続編で、“麦わらの一味”の前に立ちはだかることになる秘密犯罪結社バロックワークスのメンバーを演じる新キャストが25日、発表された。

伝説の“海賊王”ゴールド・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を巡り、モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が大海原へと繰り出す壮大な海洋冒険ロマンを描いた尾田栄一郎氏による人気コミック『ONE PIECE』が原作。
シーズン1配信直後、世界93カ国でTOP10入り、46カ国でTOP1を獲得した。

このたび、常識を超えた冒険の海“偉大なる航路(グランドライン)”での航海を描くシーズン2が始動し、“麦わらの一味”の前に立ちはだかることになる、原作でも人気の秘密犯罪結社バロックワークスのメンバーを演じる新キャストが決定。Mr.9をダニエル・ラスカー、Mr.5をキャムラス・ジョンソン、ミス・バレンタインをジャザラ・ジャスリン、Mr.3 をデヴィッド・ダストマルチャンがそれぞれ演じる。

世は大海賊時代。偉大なる海賊・赤髪のシャンクスに憧れる少年ルフィは、シャンクスと海での再会を約束。それから数年後、成長したルフィは海賊王を目指して大海原へ。
予測不能な冒険の中で、ルフィ(演:イニャキ・ゴドイ)はゾロ(演:新田真剣佑)、ナミ(演:エミリー・ラッド)、ウソップ(演:ジェイコブ・ロメロ)、サンジ(演:タズ・スカイラー)ら信頼できる仲間たちと出会っていく―。シーズン2のストーリーの詳細は未だ謎に包まれているが、今回発表された通り、秘密犯罪会社であるバロックワークスが、遂に姿を現す。

世界中を熱狂の渦に包んだシーズン1では、ルフィの故郷・東の海(イーストブルー)を舞台に、バギーやアーロンといった荒くれ者の海賊たちとの壮絶なバトル、そして“麦わらの一味”が冒険へ繰り出す原点が描かれた。ついに海賊の勲章とも言える賞金首になったルフィと仲間たちはそれぞれの夢を掲げ、偉大なる航路(グランドライン)に一歩踏み出した。今回発表されたキャラクターがどのような形で登場するのか、その全貌は謎に包まれているが、世界各国から新たに集結した俳優陣が、シーズン1 でより絆を深めた“麦わらの一味”のキャスト陣とともに紡ぐ、波乱と冒険に満ちたストーリーに期待が高まる。

【編集部MEMO】
Netflixは、190以上の国や地域で2億7,000万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービス。
各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズや映画、ゲームなどを多くの言語で配信している。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」シーズン1:独占配信中、シーズン2:近日独占配信/(c)尾田栄一郎/集英社