格闘技・堀口恭司が空手中学生に伝授 「自分のペース、間合いは崩してはダメ」

 「自分のペースや間合いは崩したらダメ。崩してしまうと(自分の)技が入らなくなってしまう」

 大晦日に行われた格闘技イベント「RIZIN.14」で劇的な大逆転一本勝ちを決め、初代RIZINバンタム級王者に輝いた総合格闘技・堀口恭司選手。2月15日(金)21時54分から放送のBS朝日「アスリートインフィニティ」の収録で、未来のトップアスリート候補へ冒頭のようにアドバイスを送った。

格闘技・堀口恭司が空手中学生に伝授 「自分のペース、間合いは崩してはダメ」

・合わせて読みたい→
強い選手と弱い選手の違いは… 堀口恭司、松田宣浩、山田恵里 アスリート座談会1(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/athlete-talk-discussion-01/)

「いつも県で二番とかで一番になれなかった」

 伝統派空手出身の堀口恭司選手。自身の空手時代を振り返ると「大体、いつも県で二番とかで一番にはなれなかった」と語るが、教わった空手組手、東京都大会で優勝、全国大会にも出場した中学3年の平山葉君は目を輝かせてアドバイスに聞き入った。

「高校に行っても空手を続けたい。当たり負けしない技や体の使い方を教えて欲しい」と平山君が聞くと、実際に蹴り、突き、その他動き全般を堀口選手がアドバイス。

「本当は上段蹴りは苦手(笑)」と言う堀口選手は、平山君の動きを見て「モーションが大きい、もう少しコンパクトにすると相手に技が入りやすくなるよ」、「ステップと動きが一つ多い。そのステップ1つ余分にしている間に、相手の突きを食らってしまう」等と実際に動きを見せながらアドバイス。

自分の間合い、ペースは大事に

格闘技・堀口恭司が空手中学生に伝授 「自分のペース、間合いは崩してはダメ」

 実際の組手をやってみると、すぐに課題点を見つけた。

 「(動きが)分かりやすいなぁ(笑)」と動きを分析。「試合中、蹴りだけではなく、突きもワンパターンになっちゃうでしょ。高校から上のレベルだと、その課題は直した方が良い」とアドバイス。

 「リズムを変えたり、タイミングを変えて見て!」、「フェイントも入れてみよう」と助言。ただ、大事なポイントとして「自分のペース、間合いは崩したらダメ!崩すと(自分の)技が入らなくなる」と冒頭にもあるようなアドバイスを強調した。

 全国の空手や格闘技をやっている少年、少女へのメッセージを聞かれると「痛い事もあるけど、上を目指して努力あるのみ」とエールを送った。

 堀口恭司選手は次戦、4月21日に「RIZIN.15」(横浜アリーナ)でUFCでも活躍したベン・ウィン選手と対戦する。

格闘技・堀口恭司が空手中学生に伝授 「自分のペース、間合いは崩してはダメ」

(CoCoKARAnextのTwitter、Facebookフォロー等で、堀口恭司さんのサイン色紙をプレゼント)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

あわせて読みたい

気になるキーワード

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年2月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。