星稜にとっての「甲子園の魔物」

  甲子園での星稜(石川)は、負けてもインパクトを残す。

 優勝候補として乗り込んだ今年のセンバツ大会だったが、28日の2回戦で習志野(千葉)に1-3で敗れた。「事件」は試合後に起きた。林和成監督(43)が習志野の控室に乗り込み、小林徹監督(56)にサイン盗みを疑われる行為をしたと猛抗議。「フェアじゃない。証拠はありますよ。映像をここで見せてもいいんですよ」と強い口調で訴えた。関係者によって引き離されたが、前代未聞の直接抗議に、取材ルームには緊迫した空気が流れた。

星稜にとっての「甲子園の魔物」

・合わせて読みたい→
中村紀洋 高校野球は施設が整っていなくても強くなれる(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/become-stronger-even-if-not-well-equipped-facilities/)

 翌29日、高野連から事情聴取を受けた林監督は謝罪。「言動、行動の批判を受けて何らかの処分があるのなら、受け止めます。軽はずみでやったことではない。ただ、やり方が間違っていた」と覚悟を決めての行動だったことを明かした。控室への『乱入』について、1度は引き下がったが収まらず、再び乗り込んだ理由に「最初に(習志野の監督から)『星稜さんもやっているでしょ』と言われた。根拠がないことで犯人扱いをされたことには謝罪を求めたい」と不満を募らせた。

 「星稜さんもやっている」と林監督が話したことについて、習志野小林監督は「記憶にない。あの状況で何について言われているのか分からなかった。細かに話をする余裕がなく、言い返すことはなかった」。疑われたサイン盗みについても「当然そういったことはない。4回に4人の審判がお集まりになりましたが、我々のベンチに注意はありませんでした。それが全てです」と完全否定した。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年3月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら