平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない

平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない
       

 プロ野球のドラフト会議はチームを強化する上でもキホン中のキホン。ここで戦略を誤ってしまうと、未来のチーム編成に大きな穴が生じてしまいます。

平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラ...の画像はこちら >>

 ヤクルトファンにとって、心の傷となっているのは2014年(平成26年)のドラフトです。新時代を迎えるに当たって、今一度、検証してみたいと思います。

1位 竹下真吾投手(ヤマハ)社会人NO1左腕

2位 風張蓮投手(東農大北海道)最速151キロの本格派右腕

3位 山川晃司捕手(福岡工大城東)高校球界ナンバーワンキャッチャー

4位 寺田哲也投手(四国IL香川)独立リーグNO1投手

5位 中元勇作投手(伯和ビクトリーズ)救援向きの即戦力左腕

6位 土肥寛昌投手(ホンダ鈴鹿)変化球も多彩な即戦力投手

7位 原泉外野手(第一工大)スケールの大きな和製大砲候補

育成1位 中島彰吾投手(福岡大)制球に優れたスライダーが武器の右腕

 寸評は当時のものです。どうでしょうか。即戦力を中心に華はないものの、なかなか悪くないドラフトのようにも見えます。名より実を取った、的な。

 しかし、現実は過酷です。2位の風張投手は4年目の昨季、53試合に登板し、2勝4敗、防御率4・37とチームの戦力になっていますが、その他の7人には厳しい状況が待っていました。

1位 竹下投手 2017年に戦力外

3位 山川捕手 現役続行もいまだ1軍出場なし

4位 寺田投手 2016年に戦力外

5位 中元投手 2016年に戦力外


あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。