元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに・・・?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?

元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに・・・?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?
拡大する(全3枚)

 ジャイアンツのエースとして、在籍19年で6度のリーグ制覇・3度の日本一に大きく貢献した「平成の大エース」・斎藤雅樹さん。

元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」...の画像はこちら >>

 個人タイトルでは、最多勝利を5回(日本記録)、最優秀防御率を3回、最多奪三振を1回、最高勝率を3回獲得。そして、MVPを1回、沢村賞を3回(日本記録)、最優秀投手を5回、ゴールデングラブを4回など、数え切れないほどの表彰も受けた。その上、11試合連続完投勝利や3年連続開幕戦完封などの日本記録も樹立した、記録にも記憶にも残る平成を代表する投手だ。

 そんな偉大なピッチャーでありながら、誰に対してもとても物腰柔らかく、笑顔で対応してくれる斎藤さん。温厚すぎる、謙虚すぎるとも取れるその性格ゆえに、入団当初は「気が弱い」「ノミの心臓」と揶揄されることもあった。「優しすぎる投手」から「平成の大エース」へ、その進化の過程を聞いた。

 今回は恩師・藤田監督の言葉と、今なお語り継がれる死闘「10.8決戦」、そして引退まで。

悪いことを考えないようになって成績が上向いた

−−ドラフト1位で入団したものの、6年目までは一軍と二軍を行ったり来たり。そこから7年目、1989年に藤田監督に変わってから11試合連続完投勝利。そのきっかけ、覚醒した理由はなぜでしょうか?
斎藤:先発を任せられるようになって、勝ち続けることで自信になりました。以前の自分だったら「打たれたらどうしよう」とか、そんなことを思っていたと思うんですよね。でも、勝ち続けることで「打たれるわけない」と、自分に暗示をかけながら投げていることができるようになりました。そういう自信というというのが、一番のきっかけだと思います。


この記事の画像

「元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに・・・?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?」の画像1 「元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに・・・?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?」の画像2 「元巨人・斎藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに・・・?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク