日本初のプロラクロス選手 誕生の裏話!?すべては、バスケ辞めたい、体力づくりから始まった

バスケを辞めたくて、部のない大学へ進学

日本初のプロラクロス選手 誕生の裏話!?すべては、バスケ辞めたい、体力づくりから始まった

 「中・高学生の時、365日のうち360日はバスケットの練習をしていました。だから、『もう辞めたい!』と思って、バスケ部のない京都産業大学に進学したんです。でも…情熱を注ぐものがない、何にもない生活は、半年ももたなかった(笑)。

同じ頃、出身地、滋賀県のバスケットボール代表選手として国体に呼ばれていたので、体力づくりのために、練習を始めたんです。チーム練習は夜だけだったので、朝できることはないかなぁ?と考えていたんです。その時、たまたま友達がラクロスをしていて、『よく走るし、体力つけるには良いよ!』て。

最初は体力づくりが目的で、入部しないで練習に参加していたんです。でも、どんどん楽しくなって、国体が終わってから、正式にラクロス部へ入りました。」

 日本初のプロラクロス選手 山田幸代さん。ラクロスとの出会いは、少し意外なカタチだった。

大学1年生の時にラクロスを始め、15年以上も世界で活躍し続けている。現在は、現役選手としてプレーしながら、コーチ・指導者としても活動。さらに、ラクロスの普及を目的とした、子供向けのイベントなども企画・実施するなど、さまざまな顔を持っている。

競技を始めて2ヶ月で、年代別の日本代表へ

日本初のプロラクロス選手 誕生の裏話!?すべては、バスケ辞めたい、体力づくりから始まった

 本格的にラクロスを始めたのは、大学1年生の10月。

同じ年の12月には年代別の代表に、その後すぐにU-20代表、さらにA代表にも選出された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表
CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年6月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら