やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴
拡大する(全6枚)

 「ファスティングダイエット」と呼ばれるようになって、かなりカジュアルな印象になった断食。ハリウッドセレブにも人気と聞くとやってみたくなるかもしれませんが、実はリスク(不確実性)も大きいのです。その危険性をRIZAP管理栄養士、小林真理さんに聞きました。

確かに手っ取り早く体重を減らすには、ファスティングは効果的かもしれません。しかし無理な食事制限はリバウンドしやすく、かえって太りやすい体をつくってしまうといいます。安易に始める前にファスティングのリスクを知っておきましょう。

やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴の画像はこちら >>

・今すぐ読みたい→
知っておきたい!血管がキレイになる食事法とは https://cocokara-next.com/fitness/diet-that-cleanses-blood-vessels/

知っておきたいファスティングのリスク

やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴

ファスティング(断食)は一時的に手っ取り早く体重を減らしたいという方には効果的かもしれませんが、長期的に考えるとあまり有効とはいえません。その理由を見ていきましょう。

1.体への負担が大きい
ダイエット中の適正な食事量は、日常生活の基礎代謝量や運動量とのバランスを考慮する必要があり、極端な食事制限は体調を崩す原因になりかねません。例えば、しっかり運動されている方が断食をすると、エネルギー不足に陥り、トレーニングをする気力がなくなり、汗をかく爽快感も味わえなくなります。エネルギー不足を放置すれば、筋肉の分解が進み、抵抗力も落ちて、運動効果も減少してしまいます。


この記事の画像

「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像1 「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像2 「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像3 「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像4
「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像5 「やりすぎ注意! 極端なファスティングの落とし穴」の画像6